ポートフォリオ理論による不動産投資戦略

ポートフォリオという言葉は、もともと紙ばさみ・書類入れといった意味で使われていました。


これは、いくつかの書類を一つに束ねる機能を持っています。

それが転じて、いくつかの資産を束ねて運用することを、ポートフォリオ運用と呼ぶようになりました。

ポートフォリオ理論の考え方は、株式や債権への投資と、不動産への投資のリスク・リターンを比較する際や、いくつかの不動産をまとめて運用するときに使われます。

ポートフォリオ理論の基本的な発想としては、いくつか種類の異なる資産に分散して投資を行うことにより、一定のリターンを確保しつつ投資リスクを減らそうというものです。この考え方は多くの投資の場合にあてはまりますが、覚えておくべきことは、リスクを減らすという作用をよりいっそう効果的にするのであれば、投資対象となる資産が互いに関係が薄く、また数多くあることが望ましいということです。

互いの関係が薄い資産に投資することで、何かがあった際に両方の資産価値の動きが一致せず、むしろ互いに打ち消す、あるいは緩和するために、全体としての投資リスクを抑えることができます。


不動産に投資する際に関係が薄い不動産を選ぶのであれば、用途や場所の異なるものを組み合わせて投資するのが現実的となります。用途としてはオフィスビルや住宅、商業用施設が挙げられ、場所であれば大都市圏や地方、都市圏でも中心部と郊外で性質は大きく異なります。
場所の分散については、グローバルに投資先を分散させる手法も存在します。

http://www.lfx.jp/
http://www.fsa.go.jp/ordinary/investment.html
http://www.fsa.go.jp/ordinary/investment.html

フランチャイズの成功に関する詳細です。

シノケンハーモニーの口コミの情報が沢山詰まったサイトです。

フランチャイズの独立情報はこちらに集まります。

フランチャイズの募集情報はこちらに集まります。

シノケンハーモニーの評判情報を検索しましょう。